Works

Therapy Zoe in Mita
都内にあるセラピースタジオのインテリア。
Villa M in S
民家に使われていた梁材、軒げた、組子障子などを生かした新築。
Residence A in Y
1階にワンルーム、2、3階はメゾネット帯のレジデンス。
Villa T in Itoh
別荘風の設計が良いとのご注文でした。平屋で設計しました。
Villa in Yokohama
二階に、庭に面した広いベランダがあります。
Maruni Studio
レコーディングスタジオ。地下二階分が吹抜け空間。

Design Policy

私たちの設計事務所は主に住宅を中心にマンションや別荘、店舗、病院、老人施設、オフィスビル、スタジオなどの設計を行っています。会社が設立されて約34年です。

官庁の仕事も含め、数多くの建築の設計を行ってきました。そのごく一部の建物をここに掲載しました。住宅の場合は、ご依頼がありますと、コンストラクションマネジメント(各種工事を部分発注し設計者自らが工事を行う:CM)といった形で建築の設計だけではなく、建築工事も行う場合もあります。

スタッフには優秀な現場監督、腕の良い大工の棟梁もいます。新築工事だけでなく、住宅やマンションのインテリア、店舗の改修工事も含み、どんなに小さな仕事でも行います。

建築の設計監理料は工事金額で変わりますが、概ね工事金額の8~12%です。CMで工事をする場合、設計料が無料の場合もあります。 どうぞお気軽にご相談ください。

Profile

竹内裕二
竹内 裕二
1943年生まれ
早稲田大学卒業、ローマ大学建築学部修了、日本建築家協会、日伊協会、地中海学会

40歳代の頃、イタリアに滞在し、ローマ大学に留学しました。「イタリア中世の山岳都市」をテーマにイタリア中を駆け巡っておりました。その後、大学院の博士課程では「イタリア、フランス、スペインの修道院の回廊空間」をテーマに学位を取りました。
  • 1968年 早稲田大学理工学部建築学科尾島研究室
  • 1968年 日本万博博覧会基本設計に参画(噴水・月~日曜広場設計)
  • 1969年 新東京国際空港基本設計に参画(空港プラント施設設計)
  • 1970年 日本環境技研株式会社建築設計部
  • 1971年 O&W Associates 設計室
  • 1972年 (株)竹内裕二建築設計事務所 設立
  • 1973年 沖縄海洋博覧会基本設計に参画(基本計画及び設計監理)
  • 1989年 イタリア・ローマ滞在(日本政府派遣)
  • 1990年 日本大学芸術学部住空間デザインコース特別講師(設計製図・二年間)
  • 1998年 東京都 新宿ヒルトンホテル前地下道出口 E-3,E-4
  • 1998年 東京都 東京都庁前地下道出口 E-1,E-2
  • 2000年 法政大学工学部建築学科非常勤講師
  • 2007年 法政大学デザイン工学部建築学科非常勤講師
  • 2007年 星美学園短期大学常勤講師
  • 2007年 放送大学非常勤講師

入賞歴

  • 1978年 ワールドビエンナーレ建築作品部門入賞
  • 1988年 日本政府文化庁派遣芸術家在外研修員試験合格

作品歴

  • 1975年~1990年 「新しい住まいの設計」他 住宅建築 計約35点掲載
  • 1986年10月 「日経アーキテクチャー」碑文谷の家・ギャラリー&スタジオ
  • 1988年5月 新建築「住宅特集」Flap the Wings
  • 1989年2月 新建築「住宅特集」声楽家の家(フジTV空間道楽 1990.10.11)
  • 1991年2月 新建築「住宅特集」ヴィラ・ロトンダ

論文

  • 2004年5月 「フランス・ロマネスク回廊空間からイタリア・ロマネスク回廊空間への軌跡」
  • 2004年11月 「サンタマリア・デッラ・パーチェの回廊空間に関する研究」

博士論文取得

  • 2008年3月 法政大学大学院工学研究科 建設工学専攻博士後期課程
  • 2008年3月 「イタリア都市における回廊空間の建築論的研究」

著作

  • 1990年6月 「建築図集 原図で見る設計手法 住宅 III」彰国社刊
  • 1991年9月 「イタリア中世の山岳都市」彰国社刊
  • 1996年6月 「イタリア 小さいまち紀行」グラフィック社刊
  • 1998年8月 「建築家のつくる家」(編集主幹)彰国社刊
  • 2001年8月 「イタリアの路地と広場 上下」彰国社刊
  • 2011年2月 「イタリア修道院の空間回廊」 彩流社刊